スポンサーリンク

電話鳴りまくり

「受任通知」は面談翌日の1月12日と週明けの1月15に発送されたようです。1月4日、1月5日、1月10日分の支払が既に滞っており自宅も携帯も電話は鳴りまくってました。

1月4日の支払遅延が最初なのでそれから約10日後に受任通知が送られたことになりますね。その10日の間におそらく合計50回ぐらいは着信あったと思います。会社によっては朝昼晩の1日3回。土日祭日も関係ないです。

電話には出ない

しかし弁護士さんの指示に従い電話には一切出ませんでした。受任通知が先方に届くまでの我慢です。

ただしこの間に職場に電話が来ることだけはちょっと恐れていました。しかし派遣元も派遣先も数回移転しているからなのかかかってきませんでした。

心配な方はすぐに折り返し電話をして支払予定日を伝えれば良いと思います(嘘でも良いので)。そうすればひとまずは電話が鳴り止むと思います。

ちなみに着信あった電話番号をそのままネット検索すると社名が出てくるのですぐに検索して登録しておくと良いです。番号表示出来ない方はどうしようもないですけどね。

法律事務所からの大事な電話もあるかもしれないので選んで電話に出る体制は必要になります。

電話止まった

受任通知を受け取ったら貸してる会社側は支払催促の電話は止めないといけないわけですが最後に電話があったのは1月16日でした。

弁護士さんと面談したのが1月11日なのでそれまで5日間。かなりスムーズにコトが運んだと考えて良いと思います。

こういう状態で数ヶ月、場合によっては数年耐えてる方なんかもいるようですが凄い忍耐力ですね。段々口調が怖い人になるようですし。

郵便物はまだ来る

しかしながら郵便物は引き続き届いてます。これは完全に免責の判断が出るまで続くのかもしれません。

ちなみに弁護士さんと面談した時点ですぐ周囲にバレてしまうのかと思いましたが今のところ誰にもバレてないと思います。もちろん誰にも言ってません。郵便局員さんは郵便物から怪訝に思ってるかもしれないですけどね。

後は官報に掲載された時にどうかでしょうね。以前は無料で見られたそうですが最近は有料になり余程必要な人しか見てないなんて言われているようですけど。

追記

2月になってからは郵便物も来なくなりました。電話と違いタイムラグがあったからかもしれません。

弁護士費用支払開始

とりあえず費用分割支払の一回目が払い終わり電話も鳴り止み心身共に平穏な毎日を取り戻しました。ついでに言えば「あそこ」も回復してます。

まだまだこれからやることがたくさんあり大変なのは間違いないですが今のところ後悔はしていません。

次回は借金の詳細をオープンにしたいと思います。

スポンサーリンク