スポンサーリンク

以下概算です。
総額は1140万円でした。

クレジットカード会社12社

NICOSカード 30万円
TO MEカード 20万円
YJカード(Yahoo) 50万円
Amazonカード 20万円
楽天カード 105万円
ジャックスカード 15万円
ポケットカード(ファミリーマート) 185万円
イオンカード 95万円
セゾンカード 240万円(キャッシング95万円)
MIZUHO UCカード 5万円
JAL Viewカード 80万円
AMEX ANAカード 3万円

合計約830万円

銀行ローン4社

みずほ銀行 20万円
三菱UFJ銀行 30万円
オリックス銀行 20万円
東京スター銀行 240万円

合計約310万円

総額で年収の3倍借りてます

派遣で年収350万円しか無い私によくこれだけ貸してくれました。総額だと年収の1/3どころか3倍以上ですね。貸してもらえることは大変ありがたいことなのですが。

ちなみに基本的にキャッシングは年収の1/3以下しか貸せません。その枠を既にセゾンのキャッシングが占めていたのでいわゆる「消費者金融」からは全く借りてないんですよね。と言うより申し込んだことありますが貸してもらえませんでした。

キャッシングは消費者金融から銀行へ

その代わりが完全に「銀行カードローン」になりましたね。ご存知の方も多いと思いますか銀行のカードローンはその年収の1/3規制が無いんです。

借りたモノを踏み倒そうとしてる身分で何を言うかと非難されて当然だとは思いますが法律で金貸し出来る業態を変えただけですよね。

消費者金融から銀行に移っただけ。しかも昔の大手消費者金融は銀行に組み込まれていることが多く結局銀行の顔した消費者金融が管理してることがほとんどです。

三井住友銀行がプロミスとモビット
三菱UFJ銀行がアコム
新生銀行がレイクとノーローン

あたりですね。

(ちなみに武富士は倒産でアイフルは独立系)

銀行カードローンの未来は?

多分銀行カードローンもそのうち無くなるか強い規制が入るでしょう。既にその兆しはあります。新生銀行は新規貸し出し中止にしましたし。

レイク、新規融資停止の衝撃…「銀行カードローン地獄」が社会問題化、自己破産者急増
http://biz-journal.jp/2018/01/post_22110.html

消費を底上げするためなのか「使え使え!借りろ借りろ!」と煽るけどやり過ぎとなると突然中止にするんですよね。

次は自己破産のメリットデメリットについて書きたいと思います。

スポンサーリンク